ヒアルロン酸の効能

どのような効能がヒアルロン酸にはあるのでしょうか?ここでは、ヒアルロン酸の効能についてご紹介しましょう。
ヒアルロン酸は、非常に保水性が高く、約6Lもの水を1gで貯えることができます。
特に、皮膚の表皮の下の真皮の部分には、多くのヒアルロン酸が含まれています。
豊富にヒアルロン酸が真皮にあると、水分がその分多くなり、美しくてみずみずしいハリのある肌を保つ効果があります。

基本的に皮膚は、活発に表皮の基底層が動いて、新しい皮膚を作っています。
そして、真皮の部分にあるヒアルロン酸は、これをサポートするために栄養を補う役目をしています。
皮膚の角質層が、若い女性の場合は全て約1ヶ月ほどで入れ替わります。
しかしながら、年をとってくるたびに、だんだん入れ替わりの期間が長くなるので、古い皮膚が皮膚表皮に残ります。
そのため、シワだけでなくしみがよく目につくようになります。
また、ヒアルロン酸が足りなくなってくると、真皮の活動が悪くなって皮膚が乾いて、同様にしみやシワが多くなり、肌を美しく維持するのが困難になります。
大まかな真皮の構造は、コラーゲンとヒアルロン酸、エラスチンでできています。
コラーゲン、エラスチンは骨組みで、これを多くの水が含まれており、ヒアルロン酸が、コラーゲンやエラスチンを守っています。
そして、ハリのある肌を、3つのこの成分が作っています。
本サイトでは、生理痛の改善、関節痛の改善、についてご紹介します。



≪Special Link≫
大阪の美容皮膚科ならヒアルロン酸注入でみずみずしいハリのある肌を取り戻せます → 大阪 ヒアルロン酸注入